腕の筋トレ方法

アーノルドから学ぶ腕のサイズアップに効果を上げる方法

アーノルドは腕を鍛える場合、スーパーセット法を取り入れることがサイズアップに効果をあげると言っている。

スーパーセット法

スーパーセットは2種目を組み合わせ、各1セットずつ、インターバルなしで行うトレーニング。(*スーパーセットは拮抗筋を組み合わせて行うが、同じ筋肉部位の種目を組み合わせて行うコンパウンドセットもスーパーセットと言われる場合が多い)

スーパーセットで行うと、強度が増し筋肉のパンプを強く引き出す効果が高い
よってアーノルドは好んでスーパーセットで腕を鍛えていたのだ。

しかしスーパーセットを使用する場合、注意が必要となる。
上腕二頭筋のような小筋群の場合、同じ筋肉部位の種目を組み合わせて行うセット法は、強度が強くなり過ぎ筋肉を消耗させてしまう可能性が高いことだ
バーベルカール+コンセントレーションカールこのようなスーパーセットの組み合わせは、効果を得られないと言うわけだ。

腕でのスパーセットの組み合わせ

腕のトレーニングでスーパーセットを取り入れる場合は「拮抗筋」で組み合わせるようにすることが大きなポイントとなる。上腕二頭筋+上腕三頭筋この組み合わせで行うようにするのがベストと言える。

トップページへ戻る

おすすめ筋トレ本
筋トレ用品・サプリメントのサイト